山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
7月14〜16日  遠征登山最終ラウンドは北アルプスの蝶ガ岳(2677m)に2泊3日滞在し槍・穂高連峰の写真撮影に終始した。
ここは南北に連なる槍・穂高連峰と平行して常念岳〜蝶が岳さらには徳本峠と続くなだらかな稜線上の山でその間に深く切れ込んだ梓川がお互いの姿をさえぎることのない絶景ポイントとして多くの写真マニアが訪れる所である。

登山ルートは安曇野市三脵からの蝶ガ岳新道、登り5時間下り3時間といった一般的なルートであるが私には初めて歩くことになる。
14〜15日は海の日の連休とあって登山者も多いと見込み前日の夜に登山口に着く。案の定駐車場は満杯でかろうじて2〜3台の駐車スペースがあり車中で終息する。

14日は朝から曇り空ラジオで気象予報を調べ16日からは天気が回復するとの情報を得て午前7時に出発する。
途中小雨に見舞われるが雨具を着るまでにはいたらずザックカバーのみを付ける。
さすが連休とあり登山者も多く中高年の夫婦やグループが目立つ中、若いカップルの姿も見かける。
下山する若者のなかに「俺は最初の山で最後になるだろう・・・」とぼやいていたが昨日今日と生憎の天気だったので最初の登山が天気に恵まれなかったらそんな気持ちになるだろうと同情してしまった。
また、私と「抜きつ抜かれつ」歩いていた中年の登山者は四合目の『まめうち平』で雨のため引き返してしまった。
そんな状況のなか明日からの天候回復を願いながら蝶ガ岳山頂をめざす。

昼過ぎに蝶ガ岳ヒュッテに到着。
外は相変わらずの曇り空であるが時折姿をみせる穂高連峰の迫力に圧倒される。
しかし槍ヶ岳に関してはその穂先部分だけにガスが掛かり全容が見えない
夕方に期待するがシャッターチャンスが訪れることはなかった。

15日も朝から曇り空となり御来光も見ることができず宿泊客は早々に下山していった。
私は山小屋でテレビの天気予報を注意深く見守り明日の天候回復を信じて読書と音楽鑑賞で1日を過した。

16日未明、満天の星空とはいかないまでも瞬く星に安心しカメラの準備をし日の出を待つ。
4時半すぎ東の空が明るくなり太陽が顔をのぞかせてくる。
すると、その光は対面する槍ヶ岳、穂高連峰の頂部から次第に山全体に朝焼けをもたらすモルゲンロート現象に包まれる。
わずか15分足らずの短い光のショーであるが登山者の誰もが待ち望む一番の楽しみである。
私も夢中でカメラのシャッターを押し続け満足の一時を過ごした。


          蝶ガ岳より常念岳、大天井岳方面を望む(15日撮影)
蝶ガ岳より常念岳


         左より前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳(15日撮影)
穂高連峰


            大キレットに沈む夕日(15日撮影)
大キレットに沈む夕日

          
             蝶ガ岳からの御来光(16日撮影)
蝶ガ岳からの御来光


             槍・穂高連峰の朝焼け(16日撮影)
槍・穂高連峰の朝焼け


               穂高連峰と涸沢(16日撮影)
穂高連峰と涸沢


                 槍ヶ岳(16日撮影)
槍ヶ岳
スポンサーサイト
2013.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/92-b90deeb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。