山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月24日  数ヶ月前から始めた山行写真の整理作業(フィルムネガをデーター化)も終盤を迎えた。
1967年(S42)から北アルプスを中心に遠出をするようになり一回の日程も一週間前後の休暇が必要となり有給休暇はほとんど山行のために確保していたように思える。
山旅には必ずといってよいほど一眼レフあるいは8ミリ映写機の重たいカメラを担ぎ多くの映像を撮ってきたがその整理保管が十分でなくカビ、劣化などで今後悔している・・・

山は殆ど姿を変えることなく今日に至っているが登山スタイルや山小屋の設備は格段に進歩している。
当時は人気ルート(表銀座など)の山小屋を除けばほとんどの小屋が雨・風を防げる最低限の作りでランプの明かりが唯一の照明、食事もお変わりは出来ず食材も山菜を中心に質素なものが少量だった。(イナゴなど食べられる昆虫も食膳にあがっていたようだ)
それだけに想いも深く写真を整理するなかで鮮明に記憶が蘇って昔がなつかしくなる。

下記の写真は1974年(S49)7月下旬から8月にかけ剣岳~前穂高(60k余り)を縦走した時のものである。
         
              別山乗越で見かけた雷鳥、背後は浄土山
別山乗越にて

                昭和40年代のスゴ乗越小屋
スゴ乗越小屋


              薬師岳と薬師岳カール群(間山より)
薬師岳とカール


            太郎平小屋にて服装はニッカーズボンに登山シャツ
太郎平小屋


               西鎌尾根と槍が岳(樅沢岳付近より)
西鎌尾根と槍ヶ岳


                 南岳から見た北穂高と滝谷
南岳からの北穂高岳


             大キレット長谷川ピークからの滝谷ドーム
北穂滝谷


          キレット越えを無事通過し北穂高山荘で槍ヶ岳を望む
北穂高岳


          重太郎新道の岳沢ヒュッテはコーヒーの美味しい山小屋(当時の建物)
岳沢ヒュッテにて


              河童橋は今も変わらず上高地のシンボル
河童橋

スポンサーサイト
2011.08.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/54-8b56ce70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。