山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
8月15日  私の故郷の水田では盂蘭盆を過ぎるとアキアカネが飛び回り秋の気配が漂うようになる。
それと同時に稲穂がポツポツと顔を覗かせ出穂期となり8月下旬にかけ全ての稲穂が出てしまう。
この時期に大雨や台風が上陸すると受精がうまくいかず収穫量に悪影響を及ぼすようだが今年はその心配もなさそうだ。
これからより多くの用水を必要として結実し秋の取り入れとなる訳だが今後は「いもち病」や「ウンカ」による被害が気になるところだ。
幸い過去3年間はこれらの被害を受けることなく無事に収穫できた。
農業はその年の気象条件に大きく左右され収穫時期まで気を抜けないが、サラリーマン生活では味わえない緊張感と達成感に働き甲斐を感じる。



                背丈は80㌢程度に成長
出穂



              出穂したもの一日前は花が咲いていた
出穂h
スポンサーサイト
2011.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/53-95ab0f18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。