山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4月28日(木) 今日は地元の白髪岳(1417m)登山に出かけた。白髪岳は熊本県の南部あさぎり町と宮崎県えびの市の県境に位置し山容はなだらかで歩きやすい山だ。
この山はブナ林の南限地域として市房山とともに貴重な山域で「白髪岳自然環境保全地域」に指定され地元を始めとした保存会の人々により大切に守られている。
しかし、平成18年の台風により樹齢数百年の巨樹が数多くなぎ倒されその痛ましい姿をみると心が締め付けられる。
森林には倒木更新という自然界の法則があるが、それは数百年~数千年のサイクルで繰り返されることで一時期の災害でこのように変化することはありえないし正に被害としか言いようがない。
これには人間生活とのかかわりがあり、それが異常気象を引き起こす一因となって自然界に現れているものと私は考えている。
地球誕生から46億年その中で人類が誕生したのは400万年前、人間はごく僅かな歴史のなかでしか生きていないことになる。
そして人間は自然との共生を第一に考え少しずつ暮らしを改善してきた。しかし産業革命以降はエネルギーを大量に使う世界となり人間第一の価値観となっている。
その結果が乱開発、地球環境の変化(異常気象)を生み他の生物は生存を脅かされあるいは絶滅に追い込まれているようだ。
このように今の私たちの生活(日、欧米など)がこれら他の生物の多くの犠牲の上に成り立っていることを考え今一度生活のあり方を見直す必要があるのではないだろうか。


               登山口から15分の猪ノ子伏
猪ノ子伏


                バイケイ草の群生地
バイケイ草の群生地


                ブナ群生地南限の標識
ブナ林とばいけい草


               白髪岳頂上とそれに続く稜線
白髪岳


            ブナ林は陽が差し込み明るく歩きやすい
明るいブナの森


                 頂上付近の倒木
倒木で枯れたブナ


             平成18年の台風で倒されたブナの巨木
強風で倒れたブナの巨木


               おもしろい曲がりをしたブナの枝
奇妙な枝ぶりのブナ
スポンサーサイト
2011.04.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/47-e7f60705
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。