山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3月27日(日)3月下旬というのに朝夕の冷え込みは真冬並み。庭の桜もつぼみを膨らませ開花を待っているがこのところの寒さで足止めを喰っているかのようだ。
それでも日中の陽気に誘われ川辺川を上流に五木村方面へ桜の撮影ドライブに出かけた。川沿いの景色は見慣れたものだが改めて印象深い建物があることに気づかされた。
川辺川の豊富な水量を利用して作られた水力発電所がいくつかあるが、そのなかで一番下流に位置するチッソ川辺川第二発電所である。
ここはチッソの自家用電力として1937年(S12)に建造されたものであるが建て屋は当時の姿をそのまま残している。
RC構造(鉄筋コンクリート)であるが外壁には石灰が使用されまるで漆喰壁といったところである。さらに敷地周辺には桜など植栽が施され周辺環境との調和にも配慮している。
この発電所を含めいくつかの産業遺産がダム建設により姿を消すことになっていたが国、県のダム建設撤回が決まり再び時を刻んでいくことになる。



川辺川第二発電所


第二発電所

スポンサーサイト
2011.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/41-a34a0afe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。