山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6月28日(日)「梅雨晴れ」を期待し毎日を過ごしているが今年ほど入梅以来雨の続く日も珍しいのではないだろうか。
それでも稲作の管理で阿蘇の水田に出かけることは多く一昨日から除草作業等に精を出してきた。
今日は作業が早く終り天気も良くなったことから帰省途中に南小国町にある「押戸石の丘」に立ち寄った。
この巨石群は阿蘇外輪山の小高い丘に位置し人工的に配置された9組の列石からなり時を刻んだとされる「はさみ石」シュメール文字が刻まれた「鏡石」磁気を発する「押戸石」などがある。
押戸石はしめ縄が飾られ隣にある祭壇石との関係から古(縄文以前?)から祭礼の場所として崇められてきたようだ。
現在はパワースポットとして若者に人気があるようでこの日も数組が訪れ押戸石で『気』を受けていた。

全国にパワースポットと呼ばれる場所は多くあるが『気』を感じる所は古地磁気(こちじき)を発する地が多い。
古地磁気とは火山岩や堆積岩が記録している過去の地磁気のことであって、例えば久住連山の安山岩に磁石を近づけると針がN極を示さないなど磁化の方行が現在と逆向きのものがる。
これと同じように押戸石も磁石を近づけるとぐるっと回るが、これは石に残留磁気が発生しているためである。

不思議なことはこれだけではない。
この地は阿蘇山と久住連山の中間地点にあり広大な草原である。地質学的に表面は黒ボクで覆われその下部に阿蘇噴火の凝灰岩で構成されている。
しかし押戸石を含む巨石群はこの周辺では産出しない花崗岩であって巨石がどこから運ばれてきたのかを考えたとき想像が膨らむ遺構である

 
         夏至と冬至には石の狭間に太陽が昇り沈み時を刻んだはさみ石             
はさみ石

               列石群の中心をなす押戸石
丘の頂上にある押戸石

            押戸石に寄り添い気を受ける女性       
パワーを受ける女性

          背後に久住連山を控え360度展望が広がる押戸石の丘 
押戸石の丘から望む久住連山


スポンサーサイト
2015.06.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/115-f9c38a7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。