山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
12月27日(土)6ヶ月ぶりのブログ更新が今年で三回目となった餅つき行事となった。
実は体調を崩していたため山行から遠ざかりブログを更新する余裕が無くなり2014年も終わりという状況の中で餅つきを迎える事となった。
我が家の餅つきは昔ながらの方法で餅米は次の手順で行う。
1、餅米は自家製、前日から水に浸しておく。
2、蒸し器は蒸篭で火力は薪。
3、石臼と杵による人力餅つき(重労働で要領が必要)
4、つき上がりの状況をみてとり上げ適当な大きさに契りアンコを入れ又はそのまま丸めていく。
こんな作業を繰り返す訳だが今年は餅米約10㌔グラムを搗いた。
餅の善し悪しは餅米の蒸し加減で決まり蒸し方が不足すればムラができ餅特有の肌触りと粘りが無いようだ。
さらに臼に入れ搗き方と餅取り方の息が合わなければ取り方の手を叩いてしまうという危険性がある。
毎年子供たちも手伝いにくるが力任せによるところがありうまく出来ないが、そこは昔取った杵柄で私たちが教えてあげる。
餅つきは午前中で無事終わり正月を迎えることができる。


餅米を蒸作業


臼に移しこね作業


餅搗き作業


餅取りと丸め作業


スポンサーサイト
2014.12.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/109-b1b0e579
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。