山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月30日(土)ABC〜Bamboo
早朝6:00起床、静寂のなかアンナプルナ山群からマチャプチャレ稜線が壁のシルエットを作り満天の星空はその一つ一つの輝きが眩しいほどに目に飛び込んでくる。
マイナスの冷気が眠気を一気に振り払いこれから行おうとしている日の出の撮影気分を高める。
6時30分を過ぎると東のマチャプチャレ上空が明るくなってくる。そしてアンナプルナ1峰の最頂点に陽が当たり始めるとその光は次第に山頂から駆け下り山容を変化させていく。
「聖域の夜明け」と呼ぶにふさわしい見事な朝焼けのアンナプルナを一枚一枚収める。
私も近年の山行で写真撮影は欠かせない目的になっておりそのため山を選ぶこともある。
山の写真は太陽光線波長の関係で日の出と日没の数時間と言われ被写体と撮影場所の位置関係は重要な条件で山行計画とともにイメージを膨らませている。
撮影終了後は定番のパンケーキとミルクティーで朝食を済ませて7:00ABCに別れを告げバンブーに向け出発した。
MBCを過ぎると深い谷間の道となり天高く聳えるマチャプチャレの尖峰を背にしながら標高を下げていく。

     氷河の浸食でできたモディ・コーラ、両岸は数百メートルの岩外絶壁が続く
バンブーの手前にて11-30

        マチャプチャレの尖峰
バンブー〜チョムロン12-1


12月1日(日)Bamboo〜Chhmrong
今日のコースはシヌワまでなだらかな山腹を下りシヌワからチョムロンは比高差400mの谷越えが待っている。
9日目ともなると太もも筋肉の張りやピークに達した疲れで石段の登りが気がかりであったが4時間の短い行程であることから頑張れそうだ。
               
               シヌワ側からみたチョムロン村
チョムロン村12-1

ゆっくり歩くこと4時間少々で標高1950mチョムロン村に着いた。
ネパールは緯度が低いため12月でも好天の日中は日差しが強く日溜まりはぽかぽかと暖かくうたた寝をしてしまう。
夜はガイドのChhewagがビールとロキシー(地元焼酎)を差し出し「明日からは高山病の心配もないからアルコールOKです」と許可を出してくれた。
9日間の断酒からの解放は幸せそのものである。

          チョムロン村ロッジの夜景、村ごとに小水力発電が整備され
          電気は豊富に使える
ロッジの夜景

12月2日(月)Chhomrong〜Tadapani
チョムロンからタダパニへの道は対岸の棚田を見ながらいくつかの小集落を通過していくトレッカーも少ない静かなルートだ。
         
     チョムロンを出発し30分ほどで今日の宿泊地タダパニ峠のロッジが見えてきた
タダパニ遠望

3時間ほど歩いたゴルゾン(2060m)で昼食をしていると子供たちの賑やかな声が聞こえてきた。
生徒十数人の小さな学校があるとのことで行ってみることにした。
校門にチップボックスが置いてあり中にはルピー(ネパールの紙幣)が入っている。通りがかりのトレッカーが寄付をして行くのだが、これがネパールの重要な教育予算になっているらしい。
ネパールの公立学校は予算不足のため先生の給与支払いが精一杯で教室等の施設費用まで行き届いていないという。
特に少数民族が暮らす辺境の地では先生の確保も困難を極めているため教育内容も十分でないようだ。
私が訪ねた学年は算数の授業中で生徒2人に先生2人のマンツーマンでかけ算を教えていた。

          ゴルゾン付近の段々畑と民家、手前左側は小学校
グルゾンの民家

          小さな小学校では算数の授業が行われていた
グルゾンの小学校

タダパニのロッジは2720mの峠にあり再び谷越えの急登が待ち構えていた。
今回のようにアップダウンが続くと脚力が長期間のトレッキングに大きく影響しかなり辛い思いを強いられた。
最後の登りも2時間少々であったが休憩をこまめに取りながら午後4時前にロッジに到着した。
(年齢のせいにすることなくトレーニング不足を反省した)

          タダパニからのアンナプルナ南峰(7219m左)
         ヒウンチュリ(6441m中)マチャプチャレ(6993m右)
タダパニから展望

スポンサーサイト
2014.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://yamanotabibito555.blog52.fc2.com/tb.php/101-db72d82e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。