山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
11月13日(日) 「ひえつき節」で知られる宮崎県椎葉村は九州中央山地のほぼ中心に位置し急峻な地形であるが故に外からの出入りが永く閉ざされてきた。椎葉村に入るには国道265号と国道327号の2路線に限られ現在拡張工事が進められているが、それでも宮崎市、熊本市からの所用時間は2時間以上かかる辺境の地である。
今から800年前、壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武士たちが九州の山奥深いこの地や熊本県の泉村(現在八代市)を生き延びる地と選んだ理由がうなずける。
ここ椎葉村に伝わる源氏の追手那須大八郎と平氏の鶴富姫の恋物語は民謡「ひえつき節」で知ることが出来るが、当時の様子を再現した時代絵巻「大和絵巻武者行列」が25年前から始まり観光客を古の時代へタイムスリップさせてくれる。
  

                飯干峠から観た椎葉谷 
        道路が改良されればトンネルとなり峠越えの道がなくなるのは寂しい
飯干峠から眺める椎葉谷


                 源氏方の武者行列
武者行列 1 


                雅な平氏方の行列
平氏方


                   那須大八郎
大八郎
 

                    鶴富姫
鶴富姫


                    椎葉神楽
椎葉神楽






スポンサーサイト
2011.11.21 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。