山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2月18日(金)つい先週までは厳寒の日本列島。ここにきて日差しも暖かくなり庭先の梅も満開の花を咲かせている。
我が家の薪ストーブもそろそろ役目を終えようとしている。
こんな暖かい日は体を動かしたくなるものだが来シーズンの薪を用意しておこうと薪割りを思い立った。
昨年末に伐採していた樫の木を40㌢程度に玉切り、それを小割りし1年近く乾燥させ使用する。
チエンソーと薪割り機を使い2日ほどの作業で2トン以上の薪ができたが、腕・腰が痛くなり年齢を考えさせられたものだ・・・・・

しかし、薪ストーブのおかげで我が家の光熱費は一般家庭と比べて断然安くなっており1ヶ月の使用電力は200kWh程度である。
さらに温暖化防止にも貢献しており使用電力によるCO2排出量を計算してみると35㎏前後となる。また伐採された樫の木は10~15年後には再び薪の材料となり成長段階では光合成による二酸化炭素を吸収する重要な役目を担う。
私たちは地球環境を守るためにも生活の中から自然エネルギーを利用する知恵を見いださなければならないのではないだろうか。

梅の花も満開
梅花も満開


薪割り作業
薪割り作業


ラックに積まれた薪
小割された薪



スポンサーサイト
2011.02.25 / Top↑
2月8日(火) 我が家の愛犬ゴン太(雑種犬)が今朝旅立った。死因は肉腫の転移で昨年から治療を続けていたが年末の危機に次いで2回目となり今回はあきらめざるを得なかった。
ゴン太は15年前バンドメンバーのギタリストの家で生まれたものを生後1ヶ月で譲り受けたもので性格はおとなしく誰にでもなつく優しい犬であった。
ここ数年は夏にバテ気味であったが、病気は一度もしたことがなく雑種犬特有の強靭な体を持っていたようだ。
しかし年々の老化は隠せず散歩、食欲とも減少傾向にあり寿命も近づいていたように思える。
15年間も一緒に暮らすと家族の一員でり別れは悲しいもので最後におやつと線香をあげ火葬場へ送ったがなんともつらい一日となった。


在りし日のゴン太
ゴン太


2011.02.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。