山を愛して半世紀

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
6月13日(金)から15日(日)にかけ2泊3日の四国八十八ヶ所遍路の旅に出かけた。
このうち過去2回の巡拝で56カ所が巡拝済みで今回は今年が開創1200年という記念すべき年にあたることから今年中に一巡しようと思い立ち早い時期から考えていた。
前回までは妻と長女の3人で廻ったものだが昨年娘が嫁ぎ今回は妻との2人旅、少々寂しいものがあるが時の流れで自然の姿であろう。
白衣に金剛杖そして納経帳とおさめ札等の巡拝必需品を身に付け般若心経を唱えながら各寺を巡拝すれば不思議と心身ともに緊張感が走る。
妻はこのごろ膝を悪くし私の半分以下のスピードでしか歩く事ができず遅れ気味になるがそれでも一生懸命頑張りすれ違う巡拝者からも励まされ20箇所を敢行した。
遍路旅で私たちは「お遍路さん」と呼ばれ地元の人たちから親切な対応を受ける。
見知らぬ人に道を尋ねても快く教えてくれるしお年寄りとの世間話にも会話が弾み「お遍路さんが来てくれるから私たちも楽しい」と言って歓迎してくれる。
旅の宿は予約なしだが遍路宿とよばれる所は空いていれば泊めてくれるのも嬉しい。
現代社会は人との繫がりが稀薄になっているようだが「四国遍路」の旅は日本人の温かさや思いやりを改めて思い知ることができ人社会の理想のあり方が見える。

       四十番札所観自在寺(愛媛県愛南町)一番札所から最も遠くにあり
       四国霊場の裏関所と呼ばれている
門前町の色合いを残す

       三十八番札所金剛福寺は足摺岬にあり岬突端から太平洋の眺めは地球が
       丸いことが分かる。 
足摺岬

       四国霊場の中で最も標高の高い所にある六十六番札所雲辺寺の参道
標高1000mにある雲辺寺
スポンサーサイト
2014.06.19 / Top↑
3月19日(火)JR肥薩線木造駅舎めぐり今回は人吉市大畑町の大畑駅(おこばえき)の撮影にでかけた。
大畑駅の特徴はスイッチバック式とループ式の中にある全国でもここだけという珍しい駅である。
駅周辺の桜は満開状態となり線路脇に咲いていた菜の花、それに空の青とのコントラストが最高で願ってもない撮影日となった。
人吉駅〜吉松駅間には一日2往復の観光列車「いさぶろう号」と「しんぺい号」が走り大畑駅でも停車するためワンシーンに入れることにした。
カメラマンは私の他に数名が待ち構えておりここも撮り鉄の撮影ポイントらしい。


              桜と菜の花が満開の大畑駅
大畑駅全景

              空の青さに際立つ桜の白
満開の桜

              急勾配をゆっくり入線するいさぶろう
いさぶろう号

              平日だというのに満員の乗客
乗客

              スイッチバック式を吉松へ向かういさぶろう
吉松駅へ向かう
2013.03.26 / Top↑
3月17日(日)山桜が満開となり里のソメイヨシノも3分咲。いよいよ春本番を迎えた今日はJR肥薩線の駅舎巡りに出かけることにした。
肥薩線は今年開業110年を迎えその歴史はローカル線が持つ繁栄から衰退、そして廃止の危機を歩んできたが存続した結果今では多くの乗り鉄や撮り鉄などいわゆる「鉄ちゃん」が押しかけている。
今回は鹿児島県嘉例川駅から吉松駅間の古い駅舎と特急「隼人の風」を追つての撮影紀行となった。

        嘉例川駅は1903年(明治36年)開業の110年木造駅舎
嘉例川駅前

        開業100年を記念して販売されている弁当「百年の旅物語、かれい川」は
        地元の森の恵みをいっぱい使った名物弁当
百年の旅物語弁当

        吉松駅〜鹿児島中央駅間を走る特急「隼人の風」も停車する
隼人の風

           霧島温泉郷に近い大隅横川駅も百年駅舎
大隅横川駅

          駅構内ではオープンマーケット「ぽっぽ市」が開催されていた          
横川駅待合室

           百年ベンチ?・・・賑わった当時の会話が聞こえてきそう
横川駅ホームのベンチ
2013.03.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。